SEの転職に有利な資格についてお伝えします

この記事は2分で読めます

ITに関連している資格は民間のベンダーが設けているものから公的なものまで、たくさん存在します。たくさん存在しているだけに、SEの転職に有利になる資格と、そうではないのもが混ざって存在しています。

 

転職するときにアピールできるためのものであることを考えると、何でもいいから取得をすれば良いという訳ではありません。資格は、あくまでも技術力をアピールするものです。

 

SEが転職する時に有利な資格について

初級クラスのものをたくさん持っていたとしても、何の分野が得意な技術者なのかが客観的に分かりません。逆に、初級クラスのものを数多く取得していると現場での技術力が低いと判定されてしまう可能性があります。

 

様々な資格を取得していることによって将来性やポテンシャルが評価されるケースは、大学を卒業してから三年以内の、だいたい25歳ぐらいのときまでになります。

 

SEの転職者は即戦力を要求されることの方が多いです。

 

転職のときにアピールすることを考えると、筋が通っているものを取得する必要があります。

 

色んなものを取得しようとするよりも、得意とする分野に絞りこんで、上級者向けのものを取得する必要があります。そうすると、データベースやネットワークなど、自分の得意な専門分野をアピールすることが可能となります。

 

具体的に取得した方が良い資格

cf4eb4f1668a9e0a8243d5e8f056a09e_s

 

26歳以上の年齢であれば、特に自分が得意とする専門分野の最も上級者向けのものを取得することを目指す必要があります。具体的に公的な資格をご紹介すると、独立行政法人情報処理推進機構のデータベーススペシャリストやネットワークスペシャリストなどになります。

 

SEが転職するときに大切なことは、どんな分野が技術者として得意としているかということをアピールすることになります。

実務で技術力は身に付けたけれども、独学であったため、持っている知識を整理する目的で、その資格をとったという姿勢を見せることが評価されることになります。

 

逆に初心者向けの様々な分野のものをたくさん取得していると、資格のための勉強ばかりで、実務がおろそかになっているのではないかという評価を受ける可能性があるため注意をする必要があります。

 

今回、SEが転職する際に有利になる資格についてお伝えしました。より具体的に知りたい方はすでに知り合いで転職をしたSEの方に相談するのも手段の一つです。

 

また、「自分が転職を考えている」という情報を知られたくない方は転職エージェントに相談をすることを検討しても良いかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。