ソーシャルゲームの求人が得意な転職サイトは?

この記事は3分で読めます

ソーシャルゲームの求人が得意なサイトの一つに「Findjob!」が挙げられます。
この「Findjob!」というサイトは、大手のリクナビやマイナビとは違い、転職サイトの中でもIT情報やWEB転職に特化したサイトとなっており、わざわざ多くの中から情報を探して絞らなくても、ソーシャルゲームを作る業種へ進みたいエンジニア職の方にとってははじめからWEBやIT関係の情報のみ見ることが出来ます。
仕事をしながら探す場合はこういった無駄な時間を省けることは嬉しいので、とても使いやすいものとなっています。

 

勤務形態・勤務地からの検索も可能

このサイトでは希望する職種だけでなく、勤務形態、勤務地からも調べる事ができます。また、「こだわり条件」という自分がどうしてもこだわりたい条件まで絞ることができるため、企業説明会や面接に行く前からより自分に見合った企業を探すことができ、自分が希望する勤務形態をすぐに調べる事が可能です。
掲載されている企業も都内だけでなく地方のものもあるため、同じ県内への転職だけでなく、様々な場合でのエンジニア職を希望する全国の人が利用することができます。

 

ソーシャルゲームの求人を探せる「Find Job!」のスカウト制度

2016-11-12_10h13_08

更に他の転職サイトにはないものがあります。それは「スカウト」制度というものであり、今までの自分の経歴や使えるスキル、希望年収などの情報をあらかじめサイト内に登録しておくというものです。
そこに自分の情報を登録しておくと、企業側が「こういったスキルを持っている人がほしい」と考えた時にこのサイト内で登録している方を検索し、それとマッチすると企業から直接連絡が来ます。
現職の仕事が忙しく中々情報収集が出来ない場合は、このスカウト制度に登録をしているだけで企業側からオファーが来るという画期的な制度です。

 

自分がソーシャルゲームを作る企業への就職を希望している場合は、スキルだけでなくその旨をスカウト制度のページに記入しておけば、企業側からのオファーが来る可能性があるためとても使いやすいものとなっています。

 

ソーシャルゲーム業界への転職事情

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

 

ITエンジニアの方でソーシャルゲームへの転職を希望されていらっしゃる方にお伝えしたい事項が何点かあります。

 

1.ゲーム好きは辞めておいた方が・・・

 

ソーシャルゲームへの転職を希望されているだけあって、おそらく「ゲームが好き」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、そういった方にはこの業界はあまりオススメできません。

 

何故なら、「ゲームが嫌い」になってしまう可能性があるからです。以前問題になったソーシャルゲームの課金問題など、やはり課金させて収益を上げる仕組みが重要になります。

 

そのため、ゲームが好きな人にとっては夢の世界の裏側を垣間見てしまうことになることからあまりオススメできません。そういう業界だけあって、実はあまりゲームが好きな人が会社内にいないという事情もあるようです。

 

2.新作ゲームだと・・・

 

新作のゲームを担当することになると、激務中の激務になる可能性が濃厚です。仮眠室がある会社も多く、年末年始・お盆関係なく業務を行う必要もあります。その分、お給料が高ければ問題ないのですが、それは会社によって千差万別なのです。

 

3.仕事をする上での設計書がない

 

一般的なIT企業の場合、ドキュメント(IT用語:システム開発において、設計や仕様を説明するために作成された文書のこと)があるのですが、ソーシャルゲーム業界ではドキュメントが無いケースが大半。

 

プログラミングが出来るだけでは不十分で、ユーザー目線で考え、デザインについてもしっかり考慮する力が求められるケースが多いのです。

 

そういった点から、仕事の能力が向上し、総合的なスキルが高まるとも言えるでしょう。

 

4.技術力の移り変わりが激しい

 

ソーシャルゲーム業界では技術革新が日々あるため、必要になるスキルが変わっていきます。例えば、今はスマホでソーシャルゲームをするユーザーが多いためネイティブアプリの技術が重要ですが、以前まではブラウザの対応のウェブアプリの技術が求められていました。

 

日々、勉強会などで技術を磨く姿勢がある方にとっては新しいスキルを吸収しながら働ける魅力のある業界とも言えます。

 

5.業界の魅力もたくさん

 

単純にソフトウェア開発をする楽しさや、世の中に認知されるゲーム制作に携わるやりがいがあります。

 

まとめ

 

今回、ソーシャルゲームの求人サイト「Find Job!」についてやソーシャルゲーム業界への転職を検討する方にとって考慮した方が良さそうなポイントをご紹介しました。

 

ご覧の方の転職活動にお役に立てたいただけたら幸いです。最後までお読み頂きありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。