サイバーエージェントへの転職を検討中の方へ

この記事は2分で読めます

サイバーエージェントとはWEBサービスのAmebaや、スマートフォンアプリなどインターネット上で様々なサービスを提供している企業です。テレビCMでもよく流れているAmebaTVやグランブルーファンタジーをはじめとする人気アプリの開発を行っています。

 

そんなサイバーエージェントへの転職を検討中の方に年収・社風などをお伝えします。

 

サイバーエージェントに転職したら年収はいくらくらいが見込める?

 

エンジニアとして転職を考えている方は、まず年収がいくら位なのかが気になるところだと思います。サイバーエージェントのエンジニア職の年収は平均800万円で、他の同業種の企業よりも高いものとなっています。
更に年功序列制度や学歴重視の体制はなく、実力重視性で収入が変動していくので、前職で培った経験を活かしたり、入社してから自分自身が努力し、勉強すればするほど年収を上げていく事が可能です。
勤務体制は、フレックス制を採用しており、勤務時間も人それぞれに合ったものを選ぶことが出来ます。

 

エンジニア職は残業が多くなりがちなイメージがありますが、サイバーエージェントは残業はあるものの、それに伴う制度がしっかりとしているため、残業代や代休の確保も確実にすることが出来ます。更に社内にジムやリラックスルームがあるため、社内にいながら休息をとることが可能であり、より出勤したくなる企業でもあります。

 

社長の藤田晋氏が若く柔軟な発想が出来る社風

 

そしてサイバーエージェントは社長の年齢がとても若いのも特徴の一つです。社長自身が若いため、最新のWEBサービスの情報収集も率先して行い、先を見据える力があります。

 

それに伴う社員も新卒から中途採用の方まで様々な人がいるため、会議でいろんな意見を出し合うことが出来、柔軟な発想が出来ているのでまだまだこれから成長をしていくと言われている企業と言われています。

 

入社数年も経過せずにグループ会社の社長を任される社員もいることから、意欲・能力・人格などが備わっていれば高みに登れる環境が揃っているような印象もあります。
やはり転職をするなら成長が止まってしまっている会社よりも、すでに安定はしていながら、さらにこれからも発展が見込める企業に勤める方がやり甲斐があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ネームバリューもありますし、エンジニア職の転職先としてサイバーエージェントは押さえておきたい企業の一つでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。