エンジニアが転職して年収をアップさせるためのコツ

この記事は2分で読めます

エンジニアの転職で年収をアップさせる方法についてご説明します。大きく分けてが3つの方法があります。

 

エンジニアが転職をし年収アップをするためのポイント

 

まず一つ目の方法は、外資系の会社に転職することです。

 

外資系は日本の企業にくらべて年収が高く、自分の仕事の内容や量を認めてもらうことができたら、さらに高くなります。英語力が必要になりますが、それよりも重視されるのは、エンジニアとしてのスキルとコミにケーションの能力です。

 

英語力に関しては、TOEICの得点が目安になります。最低でも700点以上、800点以上のスコアをお持ちだったら、転職は容易になります。英語を使って、エンジニアの仕事をした経験があれば、それを面接のときに話すようにしてください。

 

資格を取得して転職に臨む

二つ目の方法は、資格を取って転職することです。

 

エンジニアの仕事に関する資格を取得することができたら、新しい職場に入るときに有利になります。

 

いろいろな資格がありますが、特におすすめなのは応用技術者試験です。この資格を取得した人の2割程度の人が、キャリアアップにつながったと回答しているアンケートがあります。

 

資格の取得を目指す場合は、取得後に実務経験を持つようにしましょう。実務経験があれば、即戦力として判断され、採用されやすくなります。また年収のアップも確実になるでしょう。

 

最重要なポイントは面接

 

21f8998ea5703b443a3e451efa223e38_s
三番目の方法は、面接で自分の実力を効果的にアピールすることです。

 

これは一番難しい方法ですが、成功したら確実に年収は上がります。自分で面接対策をすることもできますが、転職サイトを活用するのがお勧めです。その種のサイトで模擬面接を受けられるところを選びようにするのです。

 

模擬面接を何度か受けて、改善した方が良いところをエージェントに指摘してもらいましょう。それをしておけば、万全の面接対策になります。

 

また模擬面接を行うことで本番の面接で極度に緊張するのを防ぐことができます。

 

エンジニアの仕事に精通しているエージェントだったら、面接のときにどんな質問をされるかも教えてくれます。それをあらかじめ知っておけば、本番の時に慌てる必要はありません。

 

今回、年収アップを目指して転職をしたいと思われているエンジニアの方にそのポイントについてお伝えしました。やはり、転職は今の仕事と両立するのが大変です。ご自分一人の力ではなかなか成功するのは難しいのです。

 

そのため、転職をサポートしてくれる転職エージェントや転職サイトを上手に活用していただけたら幸いです。最後までお読みたいだきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。