エンジニアが転職を成功させるためには

システムエンジニアとして夢と希望に溢れていてもエンジニアの労働環境は苛酷そのものです。

 

・ITの下請けとしての仕事をするうちに目標がなくなった
・単純作業に近いプログラミングの連続
・同年代のSEよりも給料が低い割に労働時間が長い
・会社の方向性が不透明で将来が不安

 

様々な悩みを抱えていらっしゃるシステムエンジニアの方がいらっしゃるでしょう。ただ、現状を嘆くばかりでは人生は良くはなりません。

 

スマホゲームやアプリなど、SEは今まさに売り手市場。それを象徴するかのうような話が最近ありました。アプリ制作会社を経営している知人が言っていた一言です。

 

「今はクソみたいなエンジニアでも都内であれば月に70万円はもらっている」

 

転職をすることで待遇や労働環境を改善したエンジニアの方も多くいらっしゃるのです。ご覧のSEの方の人生がより良いものになる参考になれば幸いです。

エンジニア転職.comおすすめの転職エージェントランキング

 

エージェント名前 特徴 強み 希望勤務地 担当者対応
icon-ranking2-1 レバテックキャリア ・エンジニアに特化

・完全シークレット求人

・4,000社以上の実績

・マッチング度の高い求人

東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪 ・高い専門的知識

・情緒的対応

・手厚い面接対策

icon-ranking2-2 ワークポート ・IT業界に特化

・常時15,000件の求人

・拠点3箇所(東京/大阪/福岡)

・転職活動の進捗がスマホで確認可能

47都道府県 ・専任エージェント

・手厚い書類作成サポート

icon-ranking2-3 マイナビエージェント ・IT業界全般

・非公開求人8割

・大手から中小企業の求人まで幅広い

・転職後の定着率が高い

首都圏/関西圏 ・応募書類の準備から面接対策まで親身なサポート

・業界専任

icon-ranking2-4 エンジニアファクトリー ・エンジニアに特化

・独占求人あり

・平均52万円アップ

(20~30代の場合)

関東圏のみ 強引な勧誘はなし
情緒的対応
icon-ranking2-5 シリコンスタジオエージェント ・ゲーム/映像業界特化 ・最短1日で仕事紹介

・9割アミューズメント業界

東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/京都/名古屋/福岡
・高い専門的知識

・柔軟な対応

システムエンジニアで仕事の悩みがある人はたくさん

cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_s

大手ITコンサル会社や大手SIerに就職した友人が体調不良で会社を休み、転職をしました。多重下請け構造であるIT企業のトップに君臨する立場の人でさえ悩みはあります。

 

その悩みとは関わる人が多いため、様々な場面で交渉をしなければならず、精神的にタフでないと務まらない仕事であるからです。

 

また、下請けのエンジニアも同様に悩みは耐えません。

 

「業務量についていけない」

「元請けからの無理難題が辛い」

「人間関係がよくない」

 

多くの悩みがあります。安易に転職をすることは考えものですが、慣れない職場で精神をすり減らして精神的な病におかされるくらいなら、違う環境を選択することも視野に入れたほうが良いと思います。

 

転職が失敗する典型例について

 

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

転職を前向きに検討中の方であっても、転職が失敗してしまうリスクについて考慮すべきでしょう。転職サイトや掲示板などに記載されていたり私の知人から聞いた転職の失敗例をお伝えします。

 

◯転職活動中の失敗例

 

・面接時間が平日なのでなかなかタイミングが合わない

・転職活動をしていることが職場の人にバレてしまった

・現在の職場を退職する交渉の結果、転職を断念した

・転職活動で精神的にも肉体的にも疲れ、現在の仕事に悪影響が出た

 

転職活動は普段の業務と並行して行わなければいけません。そのため、普段ただでさえ忙しい方にとっては非常に負荷が強いのです。転職活動をサポートしてくれるエージェントを探すことで、負担を出来るだけ軽減することを考えるべきです。

 

ちなみに、転職活動で大変な事柄は「書類作成準備」「面接対策準備」「面接日時や書類提出などのスケジュール管理」「現在の仕事との両立」などです。この部分をサポートしてくれる転職エージェントを選択することが大切です。

 

 

◯転職後の失敗例

 

・違うスキルを身に着けたくて転職したのに結局前職と同じ業務を担当している

・転職先企業の体質が古く、転職者に対して冷たく人間関係構築が大変

・業務についていけないことは自分の努力の問題だが、相談出来る人がいないため精神的に辛い

・前職の方が自分には合っていたことが分かってしまった

 

転職を失敗に終わらせないために必要なことは、入念に情報を収集することと計画性です。情報収集源は転職エージェントだけからだと不安です。やはり、転職エージェントは転職が成功したことで報酬を得ているため、利害関係が絡むからです。

 

人脈をたどって、転職したい企業で働いている人と実際に会って話を聞くことや、WEBサイトなどから情報収集をすることで「転職後のギャップ」をある程度埋めることができます。

 

エンジニアが転職を成功に導くために必要なこと

 

エンジニアにとっての転職活動は大きく分けて2つに分類されます。

 

1.転職の準備

2.転職活動

 

それぞれについてご説明します。

 

1.転職の準備

 

c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s

 

◯キャリアプランを固める

 

転職活動を開始するまでに、ご自身が何故転職をするのか明確にする必要があります。

 

「キャリアアップしたい」というキャリア志向の方もいれば「子供が生まれたので家族と長い時間過ごせるようにしたい」というプライベートを充実させたい方もいらっしゃいます。

 

キャリア志向の方にとって考えるべきポイントはプログラマーからSEとなり、プロジェクトマネージャーを目指すという従来のキャリアパスが変化しているという点です。

 

現在、専門分野をとことん突き詰めたタイプのキャリアを積むことで評価されるエンジニアの方もいるのです。

 

◯業界研究・企業研究

 

IT業界は技術革新のスピードが非常に速く、常に最新の情報を収集しなければついていけません。そのため、業界の情報は業界誌やセミナーなどを通じて常に入手しておくべきです。

 

なかなかご自身で情報収集が難しければ、インターネットを通じての情報収集や業界の動向に敏感な転職エージェントから仕入れることも手段の一つです。

 

◯転職エージェントや転職サイトへの登録

 

当ページの冒頭でご紹介したような転職エージェントには転職を前向きに検討される場合は登録しましょう。登録したからと言って必ずしも転職をしないといけないわけではありません。

 

あくまで情報収集の手段の一つとして活用したり、ご自身の市場価値を知る目的で登録されている方もいらっしゃいます。

 

ご自身のエンジニアとしてのキャリアを棚卸しし、転職するにしても現在の職場でキャリアアップをするにしても、今後の方向性を固める上でも有効であると言えます。

 

2.転職活動

 

50fc2f05e0b0cd44a0af96c4a183baad_s

 

転職する準備が整ったら実際に転職活動へと移ります。どのような企業を選び、その企業向けのエントリーシートを作成し面接準備をし、採用試験へと移ります。

 

◯企業選定

 

どのようなキャリアを積んでいきたいのかをしっかり考えておけば、おのずとどのような企業を選べば良いかが決まります。

 

もちろん、給料や福利厚生などの待遇は大切ですが、ご自身のキャリアプランに沿う業務内容のある企業でなければ、転職できたとしても満足行かない結果になりかねません。

 

◯エントリーシート作成→書類選考

 

履歴書や職務経歴書は企業によってもちろん異なります。転職エージェントにアドバイスをもらいながらブラッシュアップしていきましょう。

 

◯面接

 

面接で重要な点は2つあります。

 

あなた自身の能力を会社でどのように活かせるかアピールすること。そして、業界の最新動向の収集やエンジニアとしての技術を日々高める努力をしているかという点です。

 

役員面接は非常に難しい傾向にあるようですので、転職エージェントからのアドバイスなどを参考に入念に準備しましょう。

 

◯筆記試験

 

筆記試験を行う企業は約半数と言われています。筆記試験を行う企業の中でも、筆記試験の重要度合いは異なります。点数の基準を設けている企業もあれば、あくまで目安として捉えている企業もあります。

 

アクセンチュアのような大手ITコンサルでは第二新卒の場合、試験の結果が良ければ採用試験を突破するという話も聞きますので、筆記試験が採用過程で最も重要な場合もあります。

 

以上のように採用基準が企業ごとに異なる筆記試験ですが、準備を入念にするに越したことはありません。

 

※筆記試験がどのようなものか知りたい方はこちらのサイトが参考になります

 

◯退職準備

 

転職活動でご自身の入社したい会社から内定を得たら転職活動は終わりではありません。現在の会社を退職する準備をし、現職ならびに転職先企業に迷惑をかけないようにしましょう。

 

退職交渉で引き止めに合い、結局転職しないというケースもあります。度重なる苦労の末に内定をくれた企業に対して失礼がないように円満退職をつかみ取るためのポイントをご紹介します。

 

・就業規則に従い退職日を直属の上司に伝える

 

会社には就業規則があります。この規則の中に「退職予定日の◯日前までに退職の意思表示をする」というような規則が決まっています。

 

会社は組織です。そのため、飛び抜かしたりせずに直属の上司にきちんと伝えましょう。

 

・積極的な姿勢で交渉にあたる

 

会社を辞めることに対して消極的な姿勢では、進む話も進みません。上司に伝えていたつもりが伝わっていないというような状況もあります。

 

また、直属の上司があなたが退職したいという意志を示した事実を隠している場合もあります。そのため、上司にボールを投げてからすぐに状況が変化しなければ積極的に進捗状況を確認すべきです。

 

ただ、IT業界は人材の動きが流動的ですし人の噂は回りやすいので、あくまで円満退職にこだわっていただけたら幸いです。

 

思い立った日が吉日

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s最後にエンジニアの方で転職を検討されている方にお伝えしたいことがあります。

 

2016年10月現在、エンジニアの市場価値は非常に高く、売り手市場です。エンジニアとして勤務する中で、人間関係や会社の待遇などに対する不満があるかもしれません。

 

そんな状況であっても、転職をすることで人生を好転させている方は大勢いらっしゃいます。自分の市場価値を知る上でも、まずは転職エージェントに相談することも手段の一つではないでしょうか。

 

「チャンスの神様は後ろ髪がハゲ」という話があります。この売り手市場がいつまでも続くとは限りませんので、前向きに検討されてみてください。

RETURN TOP

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。